上司の事を無視する部下

あいつの態度が変わる!会社で生意気な後輩になめられない方法とは


一般的に日本人は年上や先輩を敬うように教育されてきたのですが、中にはそれを知らず年上や先輩に対して失礼な態度をとってくる人もいます。

職場では先輩であるはずなのに自分になめた態度で接してくる後輩がいた場合、どのように対処していいか考えてしまうでしょう。

後輩が失礼な言動をしてくる原因やその対処法について紹介していきますので、参考にしてみてください。

黙っていてもなめられない上司に

失礼な態度をとってくる後輩ですが、なぜそのような言動をとってくるのか、まずはその理由を考えてみましょう。

見た目で判断されている

人の第一印象は見た目でほぼ決まってしまいます。服装がだらしない、ヘアスタイルが乱れているといった点を周りの人はよく見ています。

もしもあなたがいつも身だしなみを気にしていないのであれば、それが原因であなたに失礼な言動をとっていることも考えられます。

ビジネスの場では第一印象を良くすることも重要視されていますので、それができていないということは仕事ができないとさえ思われてしまうのです。
後輩になめられないようにするためにも身だしなみに気を付けることが大切です。

仕事ができない

周りから仕事ができないと思われているとそれが後輩にも伝わって、後輩もなめた態度で接してくるようになります。

いつも上司に怒られている、仕事上のミスが多くなると後輩もあなたをできないやつだと見下すようになってしまうのです。
仕事ができるようになるためにはどうすればいいのかを自分なりに考えてみましょう。

仕事で結果を出せるようにする、仕事上のミスをなくすようにするなどできることはあります。

普段の発言や行動を見直すこと

何を言われても怒ることがない人に対して、後輩は調子にのってなめた態度で接してくることがあります。

メリハリをつけること

人から嫌われたくない、人を叱るのが苦手というタイプの人は後輩になめられやすいです。
この人なら何をやっても怒らないだろうと思われてしまうため、言動にも相手を敬う気持ちが見られないのです。

怒らないのはいいことかもしれませんが、時にはビシッと相手を叱ることも重要です。
しかるべきところで毅然とした態度を見せておかないと、後輩は何をやっても怒らないから大丈夫だと思って仕事にも甘えが出てきます。

言葉遣いに気を付けさせる

職場では基本的に先輩や上司に対して敬語を使って接してきます。
最初のうちは敬語を使っていたのに次第に敬語を使わなくなってきた後輩がいたら、その後輩になめられていると思ったほうがいいかもしれません。

社内での飲み会など、会社以外の場所にまで敬語を使うように教える必要はありませんが、職場では敬語を使わせるように徹底指導することも先輩の役目です。

職場では必要最低限のコミュニケーションしかとらないこと

仕事が終わってから飲みに行って少し仲良くなると、友達感覚で先輩に接してくる後輩がいます。
仕事とプライベートの区別がしっかりとできていないため、職場でも先輩や上司と友達と接するように接して来るようになります。

そのような後輩には距離を置いてみるのも改善方法のひとつです。職場では先輩に対してなれなれしく接してはいけないということを態度で示すのです。

1人では抱えられない後輩相手には

自分に対してだけ横柄な態度をとってくる、上司や他の先輩に対しても生意気な態度で接してくるなどさまざまなタイプの後輩がいます。

自分で何とかその後輩を上手く教育できればいいのですが、中には自分一人では手に負えないタイプの後輩もいるのです。そのような後輩にはどのように接したらよいのでしょうか。

他の後輩に相談してみる

誰に対しても横柄な態度で接してくる後輩はその同期や他の後輩からもよく思われていない可能性が高いです。
ですから他の後輩に相談してみるのも手段のひとつです。上司や先輩をバカにしていますので上司や先輩の言うことを素直にきくとは考えにくいのです。

同期や後輩の言うことであれば聞き入れることもありますので、後輩や同期に改善や注意を促してもらうのです。

同僚や上司に相談してみる

目に余る言動が増えてきたら同僚や上司にも相談してみましょう。同僚や上司も同じようにその後輩のことを問題視しているかもしれません。
一人が注意しても耳を傾けなかったかもしれませんが、他の先輩や上司といった複数の人から注意を受けることで自分の言動に問題があったことを認めざるを得なくなってきます。

その他のお悩み事例はこちら → 頑張っているのになぜ?あなたの給料が上がらないのには理由があった

 

まとめ

職場で気持ちよく仕事をするためには人間関係を良好に保つことが重要です。しかし後輩が先輩や上司を敬う姿勢が見られないと職場の雰囲気も悪くなりますし、後輩になめた言動をとられると気分がいいものではありません。
礼儀を知らない後輩に対しては先輩や上司からきっちりと指導してあげましょう。なかなか改善しない後輩も根気よく指導すれば変わってくるでしょう。